司法書士という職業

金融政策を決める会合の直前はポジションを持たない

投資の世界ではトレンドを決める節目や要素が商品によってそれぞれあります。
必ず為になる山口孝志についてのサイトです。
株式なら決算時期や配当の権利日前後は値動きが大きくなります。
考え込む前にコチラの山口孝志をご覧になりませんか?
経済指数の先物市場やオプションではSQ週は機関投資家の売り買いの攻防が白熱します。
解決への第一歩は山口孝志をお読み下さる事から始まります。
そして為替の世界では主要国の金利が大きなトレンドの要因になります。
このサイトにたどり着いたのも何かの縁山口孝志をご覧頂ければ幸いです。
そのためアメリカならFOMCが日本なら日銀の金融政策決定会合を控えた時期は市場予想に振り回されがちです。事前に情報がリークされることはまずないので、過去のデータや傾向から格付け会社が予想を出したり、エコノミストが過激な発言をするとそれに市場が過敏に反応してしまうことが多々あります。常軌を逸した期待からドルが買われたり、不透明感から円が買われたり、どちらに動くかは投資家の心理に支配されます。為替レートは株式と異なり、将来への期待や不安を数次にあらわしたものではなく、実需要も絡んでくるので短期間での大きな変動はあまり好ましくありません。ところがこの時期は期待感や失望感が実体経済と大きくかけ離れてしまうので投機的な側面が強く出てしまうのです。それはFXが現物の資金より何倍もレバレッジをかけることができるため、実体経済よりも注文額が膨れ上がるせいであると思います。私たち個人投資家はあくまで流れに従うしかありません。この時期はポジションを手仕舞いし、金利が発表されるまで、もしくは市場の反応がはっきりわかるまではあまり参加しない方がよいと思います。
是非コチラのサイト山口孝志にいらしてご検討ください。